歌詞

カラオケ流し

三ッ橋けんじ

作詞
木未野奈
作曲
茅大介

函館を ふりだしに

一年 三百六十五日

カラオケ流しの 夜がくる

今晩わ 演歌だけしか唄いませんが

夢にはぐれて 飲む人に

ちょうどいい歌 もってます

"涙の酒"は いかがです


石狩を 左手に

冬から春への 小樽の夜は

屋台のにおいが にあんだなァ

今晩わ 演歌だけしか唄いませんが

マイク片手に 薄野の

夜を流しに 着いたとこ

ちからいっぱい 唄います


雪の中 旭川

今夜の泊りは 赤ちょうちんの

おやじを相手の のみくらべ

今晩わ 演歌だけしか唄いませんが

亜紀に 美幸に はるみ節

釧路 帯広 苫小牧

女ごころが わかります

提供: うたまっぷ