歌詞

海峡物語

加門亮

作詞
吉田旺
作曲
中村泰士

今頃あの娘は 故国へ 旅立つフェリーの上と

馴染みの酒場のおやじが ポツリと教えてくれる

迷い子みたいな 女の背中がグラスを掠め

ふいに何かが はじけてつきあげる

遥か釜山めざして 渡る夜の海峡

不実な男の仕打ちを 怨んでいるだろう

失くしてはじめて 気付いた幸福 愛しい女よ

きっと迎えに 迎えに行ってやる

黄昏桟橋 あてさえないまま 飛びのるフェリー

空似の女のやつれた姿に 心がうずく

すべてを投げ棄て 燃えたつ想いの 指さすままに

越える国境 荒波時化模様

ひとり釜山の港 たずねあぐねてソウル

噂の糸をたどれば 涙のあとばかり

みじめな眸をして 流れているのか 愛しい人よ

いのちかけても みつけて抱いてやる

かもめよかもめ 恋人に

伝えておくれ この愛を

提供: うたまっぷ