歌詞

海の祈り

鳥羽一郎

作詞
星野哲郎
作曲
船村徹

果てしなき 海の彼方に

水色の やすらぎを

求めた友は 帰らない

陸には住めない 依鈷地な男が

木の葉の船に つかまりながら

蛙のように 歌っていると

無線をくれた ゆかいなあいつ

あいつを呑んだ 嵐が憎い


安らかに 眠れ友よと

花を投げ 伏しおがむ

おれにも明日は 知れないが

守っておくれよ おまえの力で

オイルのしみた 形見のギター

おふくろさんに 届けるまでは

いい奴でした 男でしたと

おふくろさんに 伝えるまでは


あなたには 海があるから

いいわねと 泣いていた

港の女を おもいだす

逃げだすつもりは さらさらないけど

海には広い こころがあって

昨日の俺が 小さくみえる

荒れるな海よ おまえに惚れた

男の夢を 奪うな海よ

提供: うたまっぷ