歌詞

あんたの春

川中美幸

作詞
もず唱平
作曲
浜圭介

あんたの春は 嘘ばっかりや

春には帰ると いいながら

帰って来た試が あるかいな

尻無川の 川尻で

ポンポン船の 音ききながら

好きや 好きやと いうたのも

あれもやっぱり 嘘やろう

もう待てへんで 待つかいな


通天閣の 灯を忘れたか

千日前やら 中の島

歩いたこと おぼえてへんのやろ

あの子ら末は 女夫やと

噂を立てた 嫌われもんの

角の酒屋の 後家はんが

可哀そうやと 親切に

縁談もって 来てくれた


いつまで阿呆な 夢みてる気や

ジェームス・ディーンに 憧がれて

笑わせるで 荒野を目指すやて

吉三郎の おっちゃんが

そろそろ歳や 夜店もつらい

ワイの得意の 淡呵売

アイツだけには 仕込みたい

帰って来いと いうてはる

提供: うたまっぷ