歌詞

十九の春

田端義夫

作詞
沖縄俗謡歌
作曲
沖縄俗謡歌

私があなたにほれたのは

ちょうど十九の春でした

いまさら離縁というならば

もとの十九にしておくれ


もとの十九にするならば

庭の枯木を見てごらん

枯木に花が咲いたなら

十九にするのもやすけれど


みすて心があるならば

早くお知らせ下さいね

年も若くあるうちに

思い残すな明日の花


一銭二銭の葉書さえ

千里万里と旅をする

同じコザ市に住みながら

あえぬ吾が身のせつなさよ


主さん主さんと呼んだとて

主さんにゃ立派な方がある

いくら主さんと呼んだとて

一生忘れぬ片想い


奥山住まいのうぐいすは

梅の小枝で昼寝して

春が来るよな夢をみて

ホケキョホケキョと鳴いていた

提供: うたまっぷ