歌詞

恋は女の命の華よ

森昌子

作詞
たかたかし
作曲
浜圭介

一、海鳴りないて 荒れる夜は

時計の針が むかしにもどる

恋は女の命の華よ

この指も 唇も

今もあなたの ものなのに

波が 波が 波が 二人を

ああ ひきはなす


二、ガラスの窓に 口紅を

うつして頬の薄さに泣ける

恋は女の命の華よ

あの夜を やさしさを

あなた返して もう一度

呼んで 呼んで 呼んで とどかぬ

ああ 遠い人


三、あなたに待てと 言われたら

死んでも生きて 私は待つわ

恋は女の命の華よ

春がゆき 夏がゆき

秋といっしょに 冬が来る

海の 海の 海の暗さよ

ああ 抱きしめて

提供: うたまっぷ