歌詞

陽炎

綾世一美

作詞
木下龍太郎
作曲
弦哲也

しずく哀しい かかり湯を

何度も浴びて 髪を梳く

あなたの匂いは 取れたでしょうか

北のはずれの 湯の宿は

窓の下まで 日本海


ひとり枕で 眠るのに

温もりさがす 手が憎い

あなたと暮した 長さでしょうか

灯り落とせば 潮騒の

音がひと際 日本海


湯気で曇った 天窓の

朝陽が肌に 紅を差す

あなたの愛から 醒めたでしょうか

夢はかげろう 泡雪の

波の花散る 日本海

提供: うたまっぷ