歌詞

酔歌・・・追伸

吉幾三

作詞
吉幾三
作曲
吉幾三

北の雪降る 海風を受けて

夢を語った 津軽の海よ

吹雪く中でヨ くちずさむ唄は

父が教えた ソーラン節よ


青い空とヨ 菜の花の畑ヨ

春の風とヨ 故郷を捨てた

老いたおふくろ 立ちつくす駅は

雪がぱらつく 青森の駅よ


惚れた女が 18で死んだよ

都会のはずれで ひとりで死んだ

秋の雨にヨ むなしさの衿を

立てて歩いた 新宿の街よ


言える苦労は 苦労とは言わぬと

胸に秘めたる 死ぬまで胸に

酒に溺れて 眠りつく夜は

遠い昔が 涙でくもる


ぽつり ぽつりと 降りだした雨に

男は何故か 女を想う

ひとり ひとりで 飲みだした酒に

夢を浮かべて この胸に流す

ヤーレン ソーランヨ 都会の隅で

ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を


風に 風にヨ 暖簾巻く風にヨ

遠い故郷のヨ 父親を想う

ふらり ふらりと 居酒屋を出れば

冬の近さが 心に吹くよ

ヤーレン ソーランヨ 雨から霙

ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を


(セリフ)

『人は 誰もが 何かを背負い そして生きていく

時たま 忘れてしまうのもまた 生きていく仕事

そんな酒ならば 俺は それでいい』


ふわり ふわりと 降りだした雪に

この手当てれば おふくろを想う

詫びて 合わせる 右の手と左

酒が降らせた 男の涙

ヤーレン ソーランヨ 積もり行く雪に

ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を


ヤーレン ソーランヨ 積もり行く雪に

ヤーレン ソーランヨ 今夜も酒を

提供: うたまっぷ