歌詞

追分酒場

松前ひろ子

作詞
松井由利夫
作曲
山口ひろし

霙 北風 しばれる夜は

いても立っても いられぬわたし

夜通し沖見て あんたの船の

無事を祈って いるくせに

互いに顔見りゃヨー

互いに顔見りゃヨー

意地を張り合う 追分酒場


生まれ松前 育ちは江差

幼なじみの つがいの鴎

無口な男と 勝ち気な女

胸の想いを 切り出せず

徳利をころがしゃヨー

徳利をころがしゃヨー

酒が沁みるよ 追分酒場


いつかいつかと この冬越せば

女ざかりも 半ばを過ぎる

漁師の女房は 苦労の板子

浮くも沈むも 一緒だと

ひとこと言われりゃヨー

ひとこと言われりゃヨー

夢に酔うのに 追分酒場

提供: うたまっぷ