歌詞

女のとまり木

北見恭子

作詞
吉田旺
作曲
弦哲也

最後の"もしや"に かけたのに

やっぱりあなたは 来なかった

おさけ頂だい 熱燗で

洗いたいのよ このみれん

あゝ独りとまり木 夜涕き鳥


他人じゃなくなる 前ならば

こんなに悔やみは しないはず

嗤わないでよ ねえおさけ

女ごころの 嘆き節

あゝ独りとまり木 はぐれ鳥


憎んでしまえば 楽なのに

やさしさばかりが なぜ浮かぶ

何処へ行こうか ねえおさけ

北か南か 故里か

あゝ独りとまり木 夜涕き鳥

提供: うたまっぷ