歌詞

大阪無情

三門忠司

作詞
吉田旺
作曲
山口ひろし

さよなら さよなら

さよならなんて いやですと

すねたあの娘の泪が 背中にからむ

水の都の とまり木づたい

呑む酒は 呑む酒は

吐息まじりの 大阪無情


おんなの おんなの

おんなの過去も 抱けないで

二度と惚れたりするなと 夜風がなじる

ふたり通った 馴染みの酒場

たずねても たずねても

夢は散り散り 大阪無情


倖せ 倖せ

倖せならば いいけれど

どこかやつれた姿が 瞼をよぎる

水に七色 ネオンの花は

浮かれても 浮かれても

浮かれきれない 大阪無情

提供: うたまっぷ