歌詞

女のかぞえ唄

吉幾三

作詞
吉幾三
作曲
吉幾三

潮風乗って港のカモメ

あの人 恋しいと泣いている

日暮れ間近の女の宿に

泊まるは北の風と波の音……

帰ってくるはずないのにネ

窓に書きます罪ごころ

漁火…灯台…女のかぞえ唄


何処からきたか 波止場に霧が

あの人 逢いたいと降っている

夜明け間近の港の船は

今日も海の彼方へ旅に出る……

泣いてちゃ何にも見えないネ

あなたを待ってる港町

海鳴り…引き潮…女のかぞえ唄


このまま夢で あなたと逢えて

眠っていたいよ 窓灯り

涙も枯れた夜明けの波止場

朝待つ女の夢を凍らせて

帰ってくるはずないのにネ

誰かが答える港町

夕焼け…海猫…女のかぞえ唄


帰ってくるはずないのにネ

誰かが待ってる港町

漁火…灯台…女のかぞえ唄

提供: うたまっぷ