歌詞

さよなら橋

新沼謙治

作詞
大倉百人
作曲
大倉百人

"さよなら"は 雨の日に 言うものじゃない

辛さだけが 染み入るよに 残ってしまうよ

"さよなら"は 晴れた日に するものなのさ

また逢えそな 笑顔のまま 旅立つことだよ

そして未来のことは 風にまかせ

ただ"さよなら橋" を渡れ

こころの中に 風が吹いても

立ち止まらず一歩ずつ 歩いて振り向かず


"さよなら"は 遠い空で 言うものなのさ

恋しいなら 愛しいなら 涙がきらいなら

いまは淋しい思い 川に流し

ただ"さよなら橋" を渡れ

こころの中に 泣き虫がいても

叱ることなく泣きながら 歩いて行くがいい

こころの中に 雨が降っても

嘆くことなくただ一人 歩いて行けばいい


こころの中で 君は生きてる

"さよなら橋"を 渡る僕は走って振り向かず

こころの中で ふれあう人は

拒むことなくみちづれに 歩いてみればいい

提供: うたまっぷ