歌詞

あの娘が泣いてる波止場

三橋美智也

作詞
高野公男
作曲
船村徹

一、思い出したんだとさ

逢いたく なったんだとさ

いくらすれても 女はおんな

男心にゃ 分かるもんかと

沖の煙を 見ながら

ああ あの娘が泣いてる 波止場


二、呼んでみたんだとさ

淋しく なったんだとさ

どうせカーゴの マドロスさんは

一夜どまりの 旅の鴎と

遠い汽笛を しょんぼり

ああ あの娘は聞いてる 波止場


三、なみだ捨てたんだとさ

待つ気に なったんだとさ

海の鳥でも 月夜にゃきっと

飛んでくるだろ 夢ではろばろ

それを頼りに いつまで

ああ あの娘がたたずむ 波止場

提供: うたまっぷ