歌詞

明日の詩

杉良太郎

作詞
いではく
作曲
遠藤実

一、たとえひとときの やすらぎでも

あれば明日から 生きてゆけると

つぶやいた横顔に

何を答えれば いいんだろう

木枯しの吹く朝が 寂しかったら

おれの背中 みつめながらついて来い

泣いて昨日を ふりかえるより

明日の詩を唄おう


二、いつもひと並みに 暮らすことが

ほんのささやかな 望みですと

さみしそなほほえみに

どんななぐさめが あるんだろう

ため息を消すように 雨が降るなら

おれの胸で おもいきり泣くがいい

泣いて昨日を ふりかえるより

明日の詩を唄おう


人生がくりかえす ことはないけど

やりなおしは いつだってできるだろう

泣いて昨日を ふりかえるより

明日の詩を唄おう

提供: うたまっぷ