歌詞

風が吹くまま

杉良太郎

作詞
いではく
作曲
遠藤実

茜色に染まる 町並みつめていれば

明日はいいことありそうな

気がするだろう

ひとり寝の 淋しさに愛を知り

肩を寄せ ぬくもりを

さぐりあうのが 俺達ふたり

風が吹くまま 時が往くまま

この身をまかせて 生きてゆきたい


子供の歌声が 聞こえる夕暮れ刻に

人は誰もがあたたかな 家路を思う

ささやかな幸せを分かちあい

ほほえみを かわしての

暮らしが似あう 俺達ふたり

風が吹くまま 時が往くまま

この身をまかせて 生きてゆきたい


身にあまる 望みなど 抱くことも

夢にさえ みることが

なくてもいいさ 俺達ふたり

風が吹くまま 時が往くまま

この身をまかせて 生きてゆきたい

提供: うたまっぷ