歌詞

金沢の雨

城之内早苗

作詞
秋元康
作曲
見岳章

最終列車に揺られて

4人掛けに 1人きりで

ガラス窓に頬をついて

長い夜に瞳を閉じた

別れの言葉も告げずに

愛のかけら胸に抱いて

近づいては 遠ざかる踏切

Ah 人恋しくて

金沢の雨の中で あなたを忘れたい

思い出に打たれながら

この悲しみ そっと夢になるまで


3分だけでもいいから

声を聞いてみたいけれど

誰もいない朝の駅で

途中下車は淋しくて

2人が過ごした月日を

リバイバルは できないのね

街の角に 色褪せるポスター

Ah 人恋しくて

金沢の雨の中にあなたはいないけど

あの頃と同じ道順石畳を歩きながら

金沢の雨の中で あなたを忘れたい

雨雲の向こう側に

青空が戻る明日を(明日を)探して

提供: うたまっぷ