歌詞

越前竹舞い

石川さゆり

作詞
吉岡治
作曲
弦哲也

白山おろしの 風にのり

雪ふり虫が きたという

愛しい人の その胸に

私もすがって すがってみたかった

唇に触れもせぬ それも恋

躯だけ求めても それも恋


きしむ はじける 反りかえる

たたく 震える 波を打つ

障子あければ あゝいちめん 竹の海


命の終りが そこにある

あなたと生きていたいのに

はじめて握る 手のぬくみ

ようやく女に 女になれました

報われぬ愛ですが それも恋

心だけひとすじに 恋は恋

まだけ くれたけ はこねだけ

やだけ くろたけ おなごだけ

瞼とじれば あゝ越前 竹の舞い


きしむ はじける 反りかえる

たたく 震える 波を打つ

障子あければ あゝいちめん 竹の海

提供: うたまっぷ