歌詞

じんじん

原由子

作詞
桑田佳祐
作曲
桑田佳祐

じんじん じんじんじん…

雨が降っている

水着のままで凍えてる

私はひとり泣き濡れる

夜の桟橋で

来ないあなたを 待っている

小舟が波に揺れている

激しい愛の後で

想い出に 香おる

「黄昏」という字に 酔っている くるおしく

夜はハードな気分で

抱かれたあの瞬間を

忘れない

恋が終わるのを

落ちる涙に知らされて

裸の夏が過ぎてゆく ノーノーボーイ


彼と逢った日が

虹の彼方へ消えてゆく

かもめが 空を翔ぶように

せつない胸の中で

温もりに代わる

「さよなら」という字を描いてる

それなのに……

悲しい街の灯よ

夜はハードな気分で

抱かれたあの瞬間を

忘れない

雨が降っている

港のあたりに灯がともる

私は ひとり泣き濡れる

今宵も霧にむせんでる

ああ私は ひとり泣き濡れる

提供: うたまっぷ