歌詞

漁火港

鳥羽一郎

作詞
志賀大介
作曲
山本あやお

ずい分遠くまで来たナァ…

ひと休みして行こうかー


お袋みたいに 温ったかい

漁火ゆれる 港町

俺もお前も 人生の

旅の途中の エトランゼ

今宵いのちの 酒を注ぐ


心の荷物を 降ろしたら

少しは前が 明かるかろ

潮の香りの 小座敷で

夫婦みたいに 差し向かい

外はやらずの 港雨


泣いたって仕方がないさ

分っているけど… ああ…


こぼれた涙で 夢と書く

男の夜を 誰が知ろ

浜の磯笛 聞きながら

情け抱き寝の 港宿

明日はまた旅 旅路酒

提供: うたまっぷ