歌詞

三善英史

作詞
千家和也
作曲
浜圭介

一、雨にぬれながら たたずむ人がいる

傘の花が咲く 土曜の昼さがり

約束した時間だけが 体をすりぬける

道行く人は誰一人も 見向きもしない

恋はいつの日も 捧げるものだから

じっと耐えるのが つとめと信じてる


二、雨にうたれても まだ待つ人がいる

人の数が減る 土曜の昼さがり

約束した言葉だけを 幾度もかみしめて

追い越す人にこずかれても 身動きしない

恋はいつの日も はかないものだから

じっと耐えるのが つとめと信じてる


約束した心だけが 涙によみがえる

見知らぬ人があわれんでも 答えもしない

恋はいつの日も 悲しいものだから

じっと耐えるのが つとめと信じてる

提供: うたまっぷ