歌詞

うさぎ

森進一

作詞
保富康午
作曲
猪俣公章

あの日は ほんとに 暑かった

村へと続く白い道

かげろうだけが 揺れていた

夢中で ぼくは走ってた

母さん待ってて すぐ帰る

大事な仕事 忘れてた

女手ひとつで ぼくたちを

育ててくれた母さんは

落した肩で うなずいて

遠くの村をみつめてた

貧しくひなびた あの村は

悲しく捨てた ふるさとさ


親子で荷物を 持ちあって

真夏の道を港まで

おさない末の弟は

疲れて泣いて しゃがみこむ

おぶって やろうと思っても

許しておくれ 無理だった


(セリフ)

ようやく港に着いた時 突然ぼくは 思いだす

小学校の夏休みに うさぎの係をしてたこと

このまま出かけてしまったら

うさぎは餓えて死ぬだろう


あわてて駆け出す ぼくだった

今来た道を学校へ

おなかを空かす つらさなら

誰よりぼくが 知っている

待ちかねていた うさぎたち

さし出すエサに 飛んでくる


埃にまみれて たどり着く

港に船は もういない

今度の船が 出るまでに

どれだけ長く 待つことか

それでも母さん ひとことも

叱らずぼくに ほほえんだ


母さんなにより 嬉しいよ

こんなに つらい時でさえ

やさしい心 忘れない

おまえは強い男の子

めったに泣かない 母さんの

まぶたが濡れて 光ってた


あれから 何年たったかな

苦しい時が 来るたびに

白いうさぎを 思い出す

母さんの目を 思い出す

いっしょう けんめい 生きてます

母さん ほめてくれますか

いっしょう けんめい 生きてます

母さん泣いてくれますか

(母さん 母さん)

(母さん 母さん…)

提供: うたまっぷ