歌詞

命の花

大月みやこ

作詞
斉藤夕紀
作曲
船村徹

このままおそばに おいて下さい

冷めたすぎます夜の風

尽す事さえ許されず

たとえこの世で添えぬとも

ついて行きたい あなたとならば


わかっていました 今日の別れは

心残りの宵化粧

義理に裂かれた二人でも

揺れる心を道づれに

生きて見せます 力の限り


もう一度だけでも 巡り逢えたら

ともに手を取り暮らしたい

春の湯島に散る梅の

香り届かぬはかなさを

泣けば枯れます 命の花が

提供: うたまっぷ