歌詞

赤提灯の女

松原のぶえ

作詞
たかたかし
作曲
徳久広司

袖のボタンがとれてるなんて

そっと肩よせ 針さすおまえ

胸のすきまにこぼれてしみる

冬の日だまり 女の笑顔

旅の途中の 縄のれん


あてがないなら二階の部屋に

泊めてあげると 背中でつげる

うすいしあわせ 女の過去が

匂うみたいな うなじの細さ

能登の港は にわか雨


泣いてきたのか男のうそに

眠るおまえのめじりに涙

おれの旅路の終着駅か

そんな気がしてねがえりうてば

闇に夜汽車の汽笛がなる

提供: うたまっぷ