歌詞

昭和任侠伝

君夕子

作詞
飯田新吾
作曲
亜乃洋

一、上る湯煙り 未練をつつみ

捨てて流した うしろ髪

今宵わかれの 水盃に

花もつぼみの 花もつぼみの

咲見町


二、春を待たずに 散るのも運命

同じ梢の 若桜

利口者なら 行かない道に

雲を呼ぶ呼ぶ 雲を呼ぶ呼ぶ

修羅の風


三、口に出さぬが 男の心

死ぬも生きるも 二人連れ

後にゃ引かれぬ 任侠の意地を

月も見ている 月も見ている

富士見坂

提供: うたまっぷ