歌詞

サムライ街道

落合博満

作詞
中山大三郎
作曲
中山大三郎

一度男に

生まれたからにゃ

何かやらなきゃ

もったいないぜ

前にはだかる 艱難辛苦

そこどけそこどけ

男が通る

度胸免状の おれがゆく

だれもわかっちゃ

くれないだろう

おれの心の

いちずな夢を

いいじゃないかと

西空見れば

まっかにまっかに

夕陽がもえる

明日へ明日へと

血がたぎる

ひとに言えない

悩みや傷が

こんなおれにも

山ほどあるさ

肩で風切る

サムライ街道

そこどけそこどけ

男が通る

ちょっぴり涙も

つれて行く

提供: うたまっぷ