歌詞

北情歌

山本譲二

作詞
山田孝雄
作曲
幸耕平

一、沖に浮かぶ 流氷に

別れつげる 海鳥よ

肩を抱いて 歩く波止場に

とまり船 帰り船

遠く来たね なあ お前

振り向けば つらすぎた

まわり道してた二人には この町が夢港

離れずについて来るんだよ 俺の行く道を


二、北に咲いた 浜茄子の

花のような 頬紅よ

生まれ住んだ 故郷を捨てても

歩きたい 明日へと

長い旅の 今 夜明け

何処迄も 道づれさ

傷ついた心寄せ合って 生きて行く二人なら

哀しみにめぐり逢う時も 負けるはずがない


死ぬ時は二人一緒ねと 泣いているお前には

涙より似合う幸せを 俺が探すから

提供: うたまっぷ