歌詞

浅草メロドラマ

島倉千代子

作詞
吉田旺
作曲
浜圭介

とめる母の手 振り切って

彼の下駄ばきアパートへ

泣いてころがり込んだのは

ほおずき市の夜だった

風も通らぬ四畳半

恐いもの無かったよ

今に想えば 十八歳の

あれは浅草メロドラマ


着のみ着のまま 貧しさに

笑うことさえ忘れはて

ふたり死のうとしたけれど

ひとり私は残された

暗くよどんだ 隅田川

涙さえ出なかった

めぐりあわせか あの晩も

ほおずき市が近かった


そして季節は まためぐり

ほおずき市の浅草で

つくり笑顔に 紅をさし

今日も私は生きている

帰りたいけど両親は

ふるさとの石の下

イヤだ ごめんネ ついぐちに

外は祭りの人の波

イヤだ ごめんネ ついぐちに

外は祭りの人の波

提供: うたまっぷ