歌詞

さようならの彼方へ

内山田洋とクールファイブ

作詞
千家和也
作曲
筒美京平

振りかえれば 翼の下で町の灯が

ゆれて燃える この国をあとに


他国の人に まわり囲まれて

夜の国際線で ただひとり飛び立つの

愛に 愛に 傷ついたふたりが

同じ場所に 住んじゃいけない

あなたのとめるその声が

指でふさぐ 耳にしのび込む

I'll never fall in love again


ひとくちすする 熱いコーヒーの

湯気が形をつくる 想い出のひとこまを

二度と 二度と 逢うこともないでしょう

はるか下で 送るあなたに

いまさらのぞくこの窓に

泣いてゆがむ 顔がうつってる

I'll never fall in love again


別れたあとは 他人なんて嘘

肌を重ねた過去は いつまでもつきまとう

愛を 愛を 失った女は

消える他に 術がないのよ

あなたの夢に目覚めれば

空が赤い やがて日が変わる

I'll never fall in love again

提供: うたまっぷ