歌詞

おんなみれん

牧村三枝子

作詞
水木かおる
作曲
遠藤実

うわべばかりの あなたの愛に

だまされ続けて きたわたし

旅路の雨の 冷たさは

添えぬ女の うらみ雨

濡れて下さい いたいほど


あなた思えば この胸あつく

体がふるえて とまらない

あの日のやさしさ 恋しくて

迷うこころの 別れ町

胸にしみます みれん酒


吹けば消えそな 灯りをともし

女がひとりで 生きる道

いつかはきっと このいたみ

あなたわかって 下さいね

惚れてふられた 傷のあと

提供: うたまっぷ