歌詞

演歌みち

松原のぶえ

作詞
吉岡治
作曲
岡千秋

一、爪さきあがりの この坂を

誰が名づけた 浮世坂

風が背をおす 日もあれば

雨が胸つく 肩たたく

しんどいネ そりゃましんどいけれど

エンヤコラ このみち演歌みち


二、人間いきてりゃ 誰にでも

いつか身につく 垢もある

責めてくれるな はしご酒

捨てちゃいないさ 夢だけは

しゃないネ そりゃましゃないけれど

エンヤコラ このみち演歌みち


三、明日は明日の 風が吹く

惚れてふられて また惚れて

はぐれ鳥にも いつの日か

待てば日和の 春もあろ

しんどいネ そりゃましんどいけれど

エンヤコラ このみち演歌みち

提供: うたまっぷ