歌詞

ゆきずり

細川たかし

作詞
芦川みづほ
作曲
森山慎也

一、指輪のひとつも やれない俺に

二年もつくして くれたやつ

別れの苦しさ 耐えてたお前

わかっていたのさ いたいほど

ゆきずりの 町に来て

ゆきずりの 酒を飲む

おまえの涙の 味がする


二、世間の掟に しばられながら

愛してしまった 俺たちさ

こんなに辛いと 思わなかった

男ひとりの 旅の果て

ゆきずりの 町に来て

ゆきずりの 酒を飲む

酔うほどむなしく なるばかり


三、二人でくらせる 世界が欲しい

おまえの言葉が 身をせめる

詫びてもすまない この俺だけど

幸せ祈って いるんだよ

ゆきずりの 町に来て

ゆきずりの 酒を飲む

どこかでひと声 泣く汽笛

提供: うたまっぷ