歌詞

夫婦橋

三笠優子

作詞
あいたかし
作曲
あいたかし

一、苦労という字を 幸福と読み

いつも笑顔で ついて来る

おまえが愛しいよ

雨降れば 雨に唱って

風吹けば 肩を寄せ

きっとふたりで きっとふたりで

架けよう 夫婦橋


二、年齢のはなれた おまえとふたり

冷たい噂を 背にうけて

涙もながしたな

あれた手を そっとさしのべ

明日に向って 歩こうよ

いつかふたりで いつかふたりで

架けよう 夫婦橋


三、必ず花咲く その日が来ると

陰に日向に この俺を

はげます嬉しさよ

他人に言えない 苦労話を

笑って話せる 時が来る

きっとふたりで きっとふたりで

架けよう 夫婦橋

提供: うたまっぷ