歌詞

浮草の宿

殿さまキングス

作詞
千家和也
作曲
彩木雅夫

逢いたさに狂うほど やせました私

走り書きをひとつ残し あなたが消えてから

惚れて 惚れて 惚れぬいて

泣いて 泣いて 泣きぬれて

灰になるまで ついてゆきたい

ねぐらへ鳥が 帰ります

あなたに逢いたい


真夜中の急行で この街に着いた

宿の扉叩く音は よけいにみじめです

惚れて 惚れて 惚れぬいて

泣いて 泣いて 泣きぬれて

ほかにいい女 できたでしょうか

枕を抱いて 眠ります

あなたに逢いたい


何ひとつ不自由なく 暮らしてた頃が

まるで夢か嘘のようで 心が乱れます

惚れて 惚れて 惚れぬいて

泣いて 泣いて 泣きぬれて

肌は誰にも 許したくない

名もない花が 咲いてます

あなたに逢いたい

提供: うたまっぷ