歌詞

わたしの城下町

小柳ルミ子

作詞
安井かずみ
作曲
平尾昌晃

格子戸をくぐりぬけ

見あげる夕焼けの空に

だれが歌うのか子守唄

わたしの城下町

好きだともいえずに 歩く川のほとり

往きかう人に

なぜか目をふせながら

心は燃えてゆく


家並がとぎれたら

お寺の鐘がきこえる

四季の草花が咲き乱れ

わたしの城下町

橋のたもとにともる

灯のように

ゆらゆらゆれる

初恋のもどかしさ

きまずく別れたの


橋のたもとにともる

灯のように

ゆらゆらゆれる

初恋のもどかしさ

きまずく別れたの

提供: うたまっぷ