歌詞

黒の舟唄

長谷川きよし

作詞
能吉利人
作曲
桜井順

男と女の 間には

ふかくて暗い 河がある

誰も渡れぬ 河なれど

エンヤコラ今夜も 舟を出す

R0W & ROW R0W & ROW

ふりかえるな R0W ROW


おまえが十七 おれ十九

忘れもしない この河に

ふたりの星の ひとかけら

ながして泣いた 夜もある

ROW & ROW ROW & ROW

ふりかえるな ROW ROW


あれからいくとせ 漕ぎつづけ

大波小波 ゆれゆられ

極楽見えた こともある

地獄が見えた こともある

ROW & ROW ROW & ROW

ふりかえるな ROW ROW


たとえば男は あほう鳥

たとえば女は わすれ貝

まっかな潮が 満ちるとき

失くしたものを 想いだす

ROW & ROW ROW & ROW

ふりかえるな ROW ROW


おまえとおれとの 間には

ふかくて暗い 河がある

それでもやっぱり 逢いたくて

エンヤコラ今夜も 舟を出す

ROW & ROW ROW & ROW

ふりかえるな ROW ROW


ROW & ROW ROW & ROW

ふりかえるな ROW ROW

ROW & ROW ROW & ROW

ふりかえるな ROW ROW

提供: うたまっぷ