歌詞

時代おくれの酒場

高倉健

作詞
加藤登紀子
作曲
加藤登紀子

『人が心に思うことは

誰も止めることはできない…』


この街には 不似合いな

時代おくれの この酒場に

今夜もやって来るのは

ちょっと疲れた男達

風の寒さをしのばせた

背広姿の男達

酔いがまわればそれぞれに

歌の一つもとびだして

歌を歌えば血がさわぐ

せつなさに酔いどれて

気がつけば窓のすき間に

朝の気配がしのび込む

どこかに何かありそうな

そんな気がして

俺はこんなところにいつまでも

いるんじゃないと

この町には住みあきて

俺の女もどこかへいった

あいつ今頃どこでどうして

どんな男といるんだろう

夢の苦さを知りもせず

夢をさがしているんだろ


ルルル……

提供: うたまっぷ