歌詞

ああ、いい女

細川たかし

作詞
星野哲郎
作曲
叶弦大

傘の要らない 恋雨が

胸をつきさす 朝の駅

手枕ゆえに 乱れた髪は

櫛を入れずに とっときますと

泣いて微笑った 襟元が

少しくずれた くずれた ああ いい女


惚れて女の 花を知り

好いて男の 雪を知る

抱かれていても 季節がずれる

肌の痛みを お酒にまぜて

呑めず こぼした しみ跡か

少しよごれた よごれた ああ いい女


汽車は別れを 告げたのに

愛はこれから 始発駅

このままひとり 帰したならば

他の男に だまされそうな

うしろ姿で 悩ませる

少しみだれた みだれた ああ いい女

提供: うたまっぷ