歌詞

愛待草より

山川豊

作詞
川内康範
作曲
遠藤実

一、見知らぬ人から便りが届いた

寂しいのですと書いてある

紅花すかしの便箋に

想い出抱いてと書いてある

たぶん雪國みちのくあたり

身寄りのすくない女性なのか

愛待草よりと 愛待草よりと書いてある


二、おんなじ人から便りが届いた

逢いたいのですと書いてある

矢車すかしの便箋に

いつかはきっとと書いてある

たぶん旅路の消印ばかり

名前をなのれぬ女性なのか

愛待草よりと 愛待草よりと書いてある


三、いつもの人から便りが届いた

淡雪とけたと書いてある

鈴蘭すかしの便箋に

命のかぎりと書いてある

たぶん孤独の暮らしの中で

昔を夢見る女性なのか

愛待草よりと 愛待草よりと書いてある

提供: うたまっぷ