歌詞

愛の始発

五木ひろし

作詞
山口洋子
作曲
猪俣公章

一、川は流れる 橋の下

まるで二人の 恋のように

川は流れる 橋の下

この街にいまさら

未練なんかは ないのです

哀しみを小さな ボストンバッグに

つめこんで

明日の始発に とびのるのです

ふたりで遠くの 街にゆくのです

川の流れと 同じよに

どこというあてもないのです

川は流れる 橋の下


二、街は日暮れる 鐘はなる

木の葉浮かべて 淋しげに

川は流れる 橋の下

おたがいにいちばん

大事なひとと 知りました

この愛を一生

まもってゆこうと 決めました

あなたは仕事と 友達を捨て

わたしは長年 住んだ家を捨て

水に浮かんだ わくら葉の

夢だけたよりに 行くのです

川は流れる 橋の下


命をかけても 悔いない恋に

出逢った二人は 幸せなのです

言葉少なく 肩よせて

たそがれの中を 歩きます

川は流れる 橋の下

提供: うたまっぷ