歌詞

離愁

松原のぶえ

作詞
たかたかし
作曲
弦哲也

一、右に若狭の 海を見て

宮津すぎれば 丹後半島

あなた忘れて生きるには

強いこころが ほしいと思う

秋から冬へ 日本海

女のなげきか ひゅるる ひゅるる

風が鳴る


二、伊根の舟屋は 海の中

泊・本庄 人の影もない

二度とあなたにもどらない

きめた女の ひとりの旅よ

秋から冬へ 日本海

女をためすか ひゅるる ひゅるる

風が鳴る


三、雨とおもえば 陽がさして

やがてみぞれに そして雪になる

空はうらにし荒れ模様

未練ひとつの 迷いでしょうか

秋から冬へ 日本海

女のこころに ひゅるる ひゅるる

風が鳴る

提供: うたまっぷ