歌詞

春の海

瀬川瑛子

作詞
星野哲郎
作曲
新井利昌

一、鍋と茶碗を 揃えただけで

それを所帯と 呼ぶ頃は

何のつらかろ 逆巻く波も

たのしい苦労と 受けとめて

しぶきを浴びる 夫婦岩


エーヤーレー まことに頼りにエー

命を漕げば

夜の明けない ヤーレー 海はない


二、波をかき分け 出てゆく舟を

隠れ筏が じゃまをする

目には見えない 命の瀬戸を

心の目をあけ 漕ぎ抜ける

男の夢は 春の海


三、海に浮いても 波には染まず

空に浮いても 鳥のまま

うたう鴎の のどかさ白さ

この世の理想を うつし絵の

調べにのせる 春の琴

提供: うたまっぷ