歌詞

寒椿

森昌子

作詞
中山大三郎
作曲
船村徹

一、森のみどりに ひとすじの

想い出につづく 道がある

昼下り 風吹けば 別れのことば

たそがれに 雨ふれば あのくちづけが

胸にしみじみ よみがえるのよ

お願い あなたに逢いたいの


二、そうよ見はてぬ 夢だけど

夢ひとつなけりゃ つらいもの

夜がふけて 星みれば あのささやきが

夜明けごろ 鳥なけば あなたの顔が

胸の痛みに 浮かんで消える

お願い あなたに逢いたいの


三、花にたとえりゃ 私など

森かげに咲いた 寒椿

だれひとり ふりむいて くれないけれど

せいいっぱい 花びらを つけては散らす

それがさだめね 悲しいものね

お願い あなたに逢いたいの

提供: うたまっぷ