歌詞

嵯峨野の女

森若里子

作詞
池田充男
作曲
伊藤雪彦

一、みだれてしまえば すむことでした

それが出来ずに 別れてきたの

堅く結んだ おんな帯

嵯峨野さやさや

竹の葉ずれを 聞きながら

恋の煩悩 捨てにゆく


二、どうすりゃいいのと 野仏さんに

両手合わせりゃ こぼれる椿

あなた恋しい ほつれ髪

嵯峨野しとしと

水の音にも 泣かされて

ひとり未練の まよい径


三、書いてはいけない あなたの名前

書いてまた消す 想い出草よ

なみだぼかしの 裾が舞う

嵯峨野ほろほろ

よわい女を ぶつように

鐘が鳴ります またひとつ

提供: うたまっぷ