歌詞

愛傷歌

森昌子

作詞
石本美由起
作曲
三木たかし

一、命がいつか 終るよに

別れがくるのね 愛しても

思い出だけの 人生は

どうして生きれば いいのやら

秋が来て 別れの時を知る

これがさだめなら

死ぬより悲しいわ

戻ってきてと 呼びかける

私の願いの むなしさよ


二、コートの襟を 立てながら

落葉の向こうに 去った人

ひとりの部屋に 残された

涙はあなたの 贈りもの

幸せの 季節はどこへやら

すがる胸もない

死ぬより悲しいわ

私の愛の ぬくもりを

あなたにつたえる すべもない


眼をとじて 寝るにも 眠れない

人の恋しさよ

死ぬより悲しいわ

お酒に酔って こんな夜は

こころの傷跡 いやしたい

提供: うたまっぷ