歌詞

YO-SE-YO

ニック・ニューサ

作詞
立花薫
作曲
網倉一也

高速道路 走る車の

窓を開けたら 冷たい風が

長いおまえの髪を乱して飛び込んで

交わす言葉も 途切れたままに

人影もない 海辺の道に

砂にまみれた ビーチサンダル

俺のこころを 疑うように

時折 すがりつくような視線みせる

YO-SE-YO YO-SE-YO

今は確かに おまえが好きさ

よせよ よせよ

今は確かに おまえが好きさ


追い越し車線 急ぐ車の

テールランプが 重なり合って

光眩しい帯をつくって 遠ざかる

海を見下ろす ホテルの部屋で

躰重ねた あの一場面が

今は不思議さ 遠いメモリー

無理にはしゃいで 笑いの催促

不安をかき消している様子がみえる


YO-SE-YO YO-SE-YO

今は確かに おまえが好きさ

よせよ よせよ

今は確かに おまえが…


YO-SE-YO YO-SE-YO

今は確かに おまえが好きさ

よせよ よせよ

今は確かに おまえが好きさ

提供: うたまっぷ