歌詞

母ごころ

三笠優子

作詞
松井由利夫
作曲
花笠薫

一、わが子愛しい ただそれだけで

母はおんなの 命をけずる

白さが目立つ 束ね髪

逢うたび小さくなる その背中

なさけの灯 母ごころ


二、いくつになっても 母娘は母娘

通う気持は 海山千里

囲炉裏の火より あたたかい

届いた手紙の ひらがな文字に

しみじみ泣けます 母ごころ


三、苦労の涙や おんなの愚痴は

ただの一度も こぼさず見せず

あなたが生きて きたように

歩いて行きます この人生を

強くてやさしい 母ごころ

提供: うたまっぷ