歌詞

おもいで酒

小林幸子

作詞
高田直和
作曲
梅谷忠洋

一、無理して飲んじゃいけないと

肩をやさしく抱きよせた

あの人どうしているかしら

噂をきけばあいたくて

おもいで酒に酔うばかり


二、ボトルに別れた日を書いて

そっと涙の小指かむ

あの人どうしているかしら

出船の汽笛ききながら

おもいで酒に酔うばかり


三、いつかは忘れる人なのに

飲めば未練がまたつのる

あの人どうしているかしら

くらしも荒れたこのごろは

おもいで酒に酔うばかり

提供: うたまっぷ