八代亜紀 「雨の慕情」(BLUE NOTE TOKYO LIVE)
再生

ブラウザーで視聴する

八代亜紀 「雨の慕情」(BLUE NOTE TOKYO LIVE)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
ブラウザーをアップデートしてください。

八代亜紀 「雨の慕情」(BLUE NOTE TOKYO LIVE)

ブラウザー再生の動作環境を満たしていません
アプリでお楽しみください

GYAOアプリ今すぐアプリで見る
八代亜紀 「雨の慕情」(BLUE NOTE TOKYO LIVE)

この映像はアプリで視聴できます

GYAOアプリ今すぐアプリで見る
八代亜紀 「雨の慕情」(BLUE NOTE TOKYO LIVE)

ご利用の環境では再生できません
推奨環境をご確認ください

GYAO! 推奨環境
八代亜紀 「雨の慕情」(BLUE NOTE TOKYO LIVE)

お使いの端末では再生できません
OSをバージョンアップいただくか
PC版でのご視聴をお願い致します

GYAO! 推奨環境

八代亜紀 「雨の慕情」(BLUE NOTE TOKYO LIVE)

歌詞

雨の慕情

八代亜紀

作詞
阿久悠
作曲
浜圭介

一、心が忘れた あのひとも

膝が重さを 覚えてる

長い月日の 膝まくら

煙草プカリと ふかしてた

にくい 恋しい にくい 恋しい

めぐりめぐって 今は恋しい

雨雨ふれふれ もっとふれ

私のいいひと つれて来い

雨雨ふれふれ もっとふれ

私のいいひと つれて来い


二、ひとりで覚えた 手料理を

なぜか味見が させたくて

すきまだらけの テーブルを

皿でうずめて いる私

きらい 逢いたい きらい 逢いたい

くもり空なら いつも逢いたい

雨雨ふれふれ もっとふれ

私のいいひと つれて来い

雨雨ふれふれ もっとふれ

私のいいひと つれて来い


雨雨ふれふれ もっとふれ

私のいいひと つれて来い

雨雨ふれふれ もっとふれ

私のいいひと つれて来い

提供: うたまっぷ

関連映像