2017年4月10日~未定  Yahoo! JAPAN

清竜人 特集

GYAO!だけで観られる清竜人TOWN映像

一夫多妻制アイドルユニット清 竜人25

新鋭・清 竜人のソロMUSIC VIDEO

  • 配信中

    「Zipangu」

    「Zipangu」


    6ポップでエッジの効いたアニメーションで、一瞬足りとも飽きさせない清 竜人ワールド!

清竜人 プロフィール

1989年5月27日生まれ 27歳 大阪府出身。
17歳の夏、全国高校生バンド選手権「TEENS ROCK IN HITACHINAKA 2006」グランプリを受賞、 副賞として同年のROCK IN JAPAN FESへの出場を果たす。

2009年3月、シングル「Morning Sun」でデビュー。「au Smart Sports」CMソングに抜擢された。 デビュー・アルバム「PHILOSOPHY」を同月リリース。赤裸々でストレートな歌詞が口コミで多くの人の共感を集め、 3rdシングル「痛いよ」によってその評価を決定付けた。 2011年3rdアルバム「PEOPLE」収録曲「ホモ・サピエンスはうたを歌う」が映画「あぜ道のダンディ」主題歌に抜擢される。 2012年5月、これまでのイメージを覆す衝撃作4thアルバム「MUSIC」をリリース。 2012年12月自らの名前を冠した作品、5thアルバム「KIYOSHI RYUJIN」をリリース。 一切の虚飾を排し、自らの内面に蠢く欲望や自意識をまるごと切り取ったかのような自叙伝的作品であるこのタイトルは、 CDショップでは一切流通されず全国11都道府県を周るツアー「KIYOSHI RYUJIN TOUR」チケットとのセットでのみで販売されたことが話題となった。 2013年10月、6thアルバム「WORK」をリリース。収録されている「All My Life」が、 J:COMスマートテレビ「新しい生活」篇タイアップソングとして使用された。

ソロ名義として6枚のアルバムと6枚のシングルをリリースしたのちの2014年、 清 竜人とその妻6名で構成される一夫多妻制アイドルユニット「清 竜人25」を結成、 自らもプロデューサー兼メンバーとして活動を開始する。 アイドルの固定概念を覆す全く新しいエンターテインメントとして人気絶頂の最中、 2016年11月20日に解散を発表、2017年6月17日には「清 竜人25ラストコンサート」を幕張メッセイベントホールで開催予定。

2016年12月5日、新プロジェクト「TOWN」を発表。清 竜人とリスナーとの関係性が、単なる演者と観客ではなく、 同じ目線でライブを楽しむというコンセプトのもと、バンドメンバー(お客)のために楽曲はすべてフリーでダウンロードができ、 ライブも無料と言う破格の内容に音楽業界も衝撃を受ける。2017年中には「TOWN」のライブアルバムがリリースされる予定。 アグレッシブに自身のアーティスト活動を行う清 竜人だが、自身の作品のみならず、堀江由衣やでんぱ組inc.、 ももいろクローバーZなどへの詞曲提供を行うなど、さらに活躍の幅を広げている。

清 竜人 公式サイトはこちら>>

清 竜人 公式Twitterはこちら>>